■室内用取替レバーハンドルの通販ショップです。日本全国1セットから発送しています。

プロ用住宅建材金物からDIY金物まで、住宅用金物を取り揃えたオンラインショップです。
一般の方から建設会社様・工務店様・リフォームショップ様・不動産業者様にもご活用いただいています。あなたの街の金物屋さんとしてご利用下さい。

【金物専科】山下金物インターネットショップ

室内用取替レバーハンドル

TOP > 取替用レバーハンドルTOP > 室内用取替レバーハンドル

商 品 名
室内用取替レバーハンドル

ご 注 文

空  錠:¥4,000円+税
空錠(鍵なし)をご希望に方はこちらから
@  色 :
A 数 量: セット
B カートに入れる

表示錠:¥5,500円+税
表示錠をご希望に方はこちらから
@  色 :
A 数 量: セット
B カートに入れる

鍵付錠:¥7,500円+税
鍵付錠
をご希望の方はこちらから
@  色 :
A 数 量: セット
B カートに入れる

バックセット50ミリ用部品
¥800円+税
ご購入数量:
カートに入れる
バックセット50ミリ・51ミリご使用の方は、
この部品も合わせてご購入下さい。


◆ 木目タイプ ◆



商 品 名
室内用取替レバーハンドル 木目タイプ

ご 注 文

空  錠:¥7,500円+税
木目タイプ空錠(鍵なし)
ご購入数量:セット
カートに入れる

表示錠:¥9,500円+税
木目タイプ表示錠
ご購入数量:セット
カートに入れる

鍵付錠:¥11,000円+税
木目タイプ鍵付錠
ご購入数量:セット
カートに入れる

バックセット50ミリ用部品
¥800円+税
ご購入数量:
カートに入れる
バックセット50ミリ・51ミリご使用の方は、
この部品も合わせてご購入下さい。

≪室内用取替レバーハンドル≫

現在使用している握玉錠を、レバーハンドルに変更出来る取替用レバーハンドルセットです。もちろん今付いている錠前穴をそのまま利用するので、穴あけ加工や削り作業の必要が無く、どなたでも簡単に取替え可能です。
また、現在鍵の付いていない握玉でも、鍵付のレバーハンドルへの交換が可能です。

(※この錠前は玄関や勝手口など防犯性が必要な場所には使用できません。)



握玉を廻す動作は簡単なようで意外と難しいものです。特に小さなお子様やお年寄りの方ですと握力が必要になり、開閉が困難になります。そこで、この「取替用レバーハンドル」に交換してはいかがですか?

レバーハンドルに変更しますと、小さなお子様でも手が届けば開ける事が可能です。

レバーハンドルに変更しますと、お年寄りの方でもレバーを押えるだけで簡単に開けることが可能になります。

手がふさがっている場合でも、肘などで押し下げるだけで開けることが可能です。

鍵の無い部屋にも、鍵付きに変更することが可能です。

これを機会にお取り替えされてはいかがですか?

色も3色ご用意させていただきました。
シルバー色アンバー(ブロンズ)色

木目タイプ

◆ 錠の種類 ◆

空錠:鍵のかからないもの
WC錠(表示錠):中から鍵がかかり、万が一の時のため、外側からコインなどで解錠することが可能です。
簡易鍵付錠:中からはサムターンで外からはキーで施錠解錠が可能です。(簡易キー3本付属)


お取り替え可能機種

◆錠前の下記の大きさを測定してください。◆



現在ご使用の錠前のラッチボード(上記画像赤囲部分)寸法が

横22.5ミリ × 縦57ミリ
(チューブラー錠)
もしくは
横25.4ミリ × 縦57.6ミリ
(円筒錠)

で、尚且つバックセット寸法(ドアの端からノブの中心までの寸法)が
60ミリ
(特注にて
50ミリもあります。別途¥840円加算になります。)

ドアの厚みが 30〜40ミリ厚のドア

ですと、お取り替え可能です。


◆お買い求めいただく前に、ご自身で分解可能か一度お試し下さい。◆

お取り替え方法

【ラッチボード寸法が22.5ミリ×57ミリの錠前(チューブラー錠)】




室内側ノブの座部分にある
ネジを外し、ノブを引き抜きます。





同じく室外側ノブの座部分にある
ネジも外し、ノブを引き抜きます。

次にドア側面部分にあるラッチを
取り付けているネジを外し、
ラッチを引き抜きます。


取り外し完了です。

取り付け方法です。




付属のラッチ本体をドア側面部分
から差し込み、ネジで固定します。








レバーハンドルの角芯が付いている
方を先に取り付け最後に反対側の
レバーハンドルを取り付けて完了
です。






【ラッチボード寸法が25.4ミリ×57.6ミリの錠前(円筒錠)】

取り外し方法

まず、握玉部分に鉛筆のような消えるもので、ノブの上下が確認できるように印を入れてください。(この作業は必ず行ってください。ノブを元に戻すとき上下逆さまに差し込みますと壊れる恐れがあります。ご注意下さい。)

室内側ドアノブの首部分に小さな穴(ストッパー)があります。この穴に釘などを差し込んで下さい。この時、バネのような感覚で押し返されるような感じがありましたら、釘でこの部分を押えたままノブを引き抜くと5ミリほどノブ動きます。動きましたら釘を引き抜きノブを完全に引き抜きます。
また、この穴に釘を差し込んでも硬いだけで凹まない場合は位置がずれていますので、内側握玉を少しづつ廻しながら釘ストッパー穴を突いて下さい。ある位置に来ると釘が凹む感じの所が必ずありますので、この位置で釘を差し込みながら握玉を引き抜いてください。


丸座カバーの円周のどこかにマイナスドライバーが入る部分があります。この部分にマイナスドライバーを差し込みドライバーを捻りますとこの化粧カバーが外れます。中から取付板のネジが2本見えると思いますのでこのネジを外してください。

次に、反対側からノブを引き抜きますと、錠本体が外れます。

ドア側面のラッチ部分を外して取り外し完了です。

※最後にノブ取り付け時、上下間違いのないよう差し込んで下さい。




“金物専科”は【山下金物インターネットショップ(株式会社 山下金物)】がお届けする通販ショッピングサイトです。

運営会社
株式会社 山下金物
〒662-0851 兵庫県西宮市中須佐町2-4
TEL:0798-35-2993 FAX:0798-35-8154
※このサイトに掲載の文章・画像・アニメーション等の転用・複写はご遠慮願います。
Copyright(C) Yamashita Kanamono Ltd. All rights reserved.

サイトマップ特定商取引に関する法律に基づく表示プライバシーポリシー個人情報保護法について会社案内